PHPカンファレンス福岡2016

http://phpcon.fukuoka.jp/

PHPカンファレンス福岡2016に参加してきました。

興味深かった内容を簡単に挙げておきます。

「PHPで学ぶコンピュータアーキテクチャ」と題して、PHPで作られた任天堂ゲームボーイのエミュレータについて解説いただきました。
CPUはシャープ製のZ80サブセット(?)だそうです。このエミュレーターでは、CPUのすべてのコマンド(ニーモニック)を愚直に実装しているそうです。
メモリについても同様です。また、I/Oポートがメモリマップドであるため、メモリアドレスに応じて処理を変えるなんてこともやってるそうです。
8bit CPUだとメモリ空間も64KBなので、今のPCからすると、ちょろいもんなんですね。

「ロリポップ!で目指す、PHPのためのセキュリティと性能要件を同時に満たすサーバホスティング技術」では、apacheのソースに手を加えて、より多くのユーザーを一台のサーバーに納めるための手法の解説でした。
各ユーザー権限でapacheやphpが動いてしまうと、大人数のユーザーが入っているサーバーではすぐにリソースが足りなくなってしまうわけですが、rootで動いているapacheの権限を各ユーザーにふり直すようなことをしているんだそうです(話がかなり高度で、十分理解できず)。
登壇者、お名前をググってみたら、実はとっても凄い人だった(笑)

「CakePHP3で学ぶAPIマネジメント」「今こそCakePHP3に乗り換えよう!」は、タイトル通り。
今回一番聞きたかったお話。
やっぱりCake3に移行するべきですなあ。

「PHPerに知ってほしいRDBの事 バージョン 2」はデータベースまわりのお話し。
今後、“削除フラグ”なんちゅうカラムは、作らないようにします(笑)

「PHPデベロッパーのためのJavaScriptセキュリティ入門」もタイトル通り。
最近、JavaScriptまわりも結構触るようになってきたんで、参考になりました。

カテゴリー: Webコンテンツ, サーバーまわり   パーマリンク